Peaceful life’s diary

〜宇宙と調和して幸せに生きたい方へ〜

最近、手放したモノや、片づけについて思うこと

毎日、少しずつ片づけは続いていて、

最近手放したモノについて書きたいと思います。

 

キッチンでは、

コーヒー豆用のミル、泡立て器、使用していない鍋、

使用していないお菓子道具、ステンレス製のおたま等。

 

文具では、

途中までしか書けなかったノート、日記帳。

 

自宅にはない家電製品の説明書・保証書・領収書。

 

できる限りキャッシュレスにしたいと思い、

iPhoneにPayPayをインストールして、

セブン銀行のATMでチャージしました。

小銭入れの現金は、ゆうちょ銀行のATMで通帳に預け入れ、小銭入れを空にしました。

 

キッチンの小型家電は市に回収してもらいます。

ステンレス製のモノは、小型金属類として市に回収してもらいます。

 

今、家にあるモノは、

生活で使っているモノ、仕事に関するモノ、趣味のモノです。

 

趣味のモノは、健康を維持することと、

子どもの頃から自然と続いていることに絞りました。

 

モノと向き合うと、自分の心も整理されます。

小さなモノでも、1つ1つに自分の思いが入っているので、

手放すことができると、過去から解放されます。

 

部屋にあるモノは、自分がお気に入りのモノだけになっているため、

新鮮な気持ちで過ごせます。

空間にも余裕があります。

 

自分で取捨選択できたことに喜びを感じます。

曖昧にしていたことが、明らかになり、

自分の問題ではなかったのだと気づいたこともあります。

いつの間にか、他者の課題に巻き込まれて生きていたのです。

 

そのことに気づくと、切り離すことができて、

モノや気持ちを手放すことができて、スッキリしました。

 

「人は平均で1日に35,000回の決断をする」というエビデンスもあるようです。

 

モノの数を減らすと、決断する回数が減るので、

脳が疲れにくくなり、仕事の効率が上がり、暴飲暴食や衝動買いもなくなります。

 

片づけをしておくと、良いことが多いので、継続してゆきたいと思います。

f:id:peacefulllife:20201227065753j:plain