Peaceful life’s diary

〜宇宙と調和して幸せに生きたい方へ〜

自宅の書類を無料でPDFにして、保管スペースを削減し、Kindleで読む

書類をPDFにして、部屋から書類をなくすことを始めました。

 

本記事の内容

Adobe  Scanアプリで書類をPDF化

Adobe Document CloudでPDFをパソコンで保存

③SmallpdfのサイトでPDFを回転

Kindle for PCでPDFを開く

⑤Fire HD 8タブレットでPDFを開く

 

①こちらのAdobe  Scanアプリを使って、書類を読み込みました。

acrobat.adobe.com

自動でシャッターを切ってくれるので簡単です。

PDFにした文書はワード検索もできます。

こちらのアプリは無料で、私は1分で約6枚のスピードでした。

 

Adobe Document Cloudを利用して、パソコンへPDFを移し、

PDFをダウンロードしました。

helpx.adobe.com

 

③書類をPDF化した後、書類の向きを変更するために、

下記のサイトにPDFをドロップして、無料で書類の向きを変更しました。

smallpdf.com

パソコンで、こちらのPDFを開いてみると、「音声で読み上げる」機能があり、

ボタンをクリックしてみると、読み上げが開始されました。

 

他には、PDFに「手描き」する機能もあります。

 

④PDFをKindleで見ることができることがわかり、

パソコンの「Kindle for PC」へPDFを取り込んでみました。

 

手順は下記の通りです。

パソコンで、先程ダウンロードしたPDF上で右クリックをして、

「プログラムから開く」で、「別プログラムを選択」にし「Kindle」を選択したら、

Kindle for PC」で、PDFを見ることができました。

 

Kindle for PC」でPDFを開くと、書籍のように読むことができます。

 

⑤Fire HD 8タブレットを持っているため、

パソコンからAmazonのサイトにログインして、

Amazon driveに先程のPDFをアップロードしました。

Fire HD 8タブレットのドキュメントからCLOUD DRIVEを開いて、

PDFをクリックすると、Kindleで読むことができました。

 

感想としては、パソコンの「Kindle for PC」で開くと、読みやすいと思いました。

画面が大きくて、書籍と同じような感覚で読むことができるからです。

 

今回、書類をPDF化したことで、保管スペースを削減できるのはもちろんのこと、

様々な端末で読むことができ、検索機能や音声読み上げなどもありメリットが多いです。

 

自宅の書類をPDF化して、押入れの中や引き出しの書類を減らしたいと思います。

f:id:peacefulllife:20200902074937j:plain